【太鼓の豆知識♪~附締太鼓】

今日の太鼓の豆知識は、
太鼓の種類のご紹介です。
  
◆附締太鼓 です。
  
華やかな高音を発して、
演奏にリズム感をもたせます。
  
鉄の輪に張った皮を胴の両側にあて、
ロープ又はボルトによって締めつけます。
  
強く締めるほど
音が高くなります。
  
サイズは、
並付から、2丁掛~5丁掛まで
種類があります。
  
種類により、
皮の直径、胴の深さ、鉄輪経
がことなります。
    
サイズか大きくなるにつれて、
皮の厚み、胴の深さもまし、
音質もかわりますが、
     
締め上げや、演奏の技量も
必要となります。
     
響和館においてあるものは、
3丁掛~4丁掛ですよ。
 
締太鼓



************************************************
和太鼓講座ご案内はこちら↓↓↓/太鼓の里 響和館へ
スタジオ レンタル
https://www.asano.jp/kyouwakan/

【太鼓の豆知識♪~附締太鼓】

今日の太鼓の豆知識は、
太鼓の種類のご紹介です。
  
◆附締太鼓 です。
  
華やかな高音を発して、
演奏にリズム感をもたせます。
  
鉄の輪に張った皮を胴の両側にあて、
ロープ又はボルトによって締めつけます。
  
強く締めるほど
音が高くなります。
  
サイズは、
並付から、2丁掛~5丁掛まで
種類があります。
  
種類により、
皮の直径、胴の深さ、鉄輪経
がことなります。
    
サイズか大きくなるにつれて、
皮の厚み、胴の深さもまし、
音質もかわりますが、
     
締め上げや、演奏の技量も
必要となります。
     
響和館においてあるものは、
3丁掛~4丁掛ですよ。
 
締太鼓



************************************************
和太鼓講座ご案内はこちら↓↓↓/太鼓の里 響和館へ
スタジオ レンタル
https://www.asano.jp/kyouwakan/

【太鼓の豆知識♪】

今日は、豆まめ知識です♪
和太鼓の各部の名称の
ご紹介です♪


①胴(どう)
木の種類により、木目(もくめ)が違うんです。
なので、もく目を見ると木の種類がわかるんですよ。
木の種類により、重さも変わってきます。

②鋲(ビョウ)
皮と木に打ち込んである、黒い丸い部分です。
こちらも木の種類により、鋲をつかむ力が、
少し変わってくるんですよ。

③皮(かわ)
太鼓を打つ面は、牛革を張ってあります。
(地域によっては、馬皮を用いる場合もあります)

④耳(みみ)/縁(えん)
くるりんとなっている部分です。
耳?というと、初めはエッ?とびっくりされちゃいます。
耳あり、耳なしの物があります。

⑤釻(かん)
太鼓をもつところになってます。
デザインにもこだわりがあるんですよ~。

子供和太鼓講座では、先週の耳???と、
今日は、釻(かん)を覚えましたよ~。











************************************************
和太鼓講座ご案内はこちら↓↓↓/太鼓の里 響和館へ
https://www.asano.jp/kyouwakan/

【太鼓の種類〜その1〜】

和太鼓の豆知識♫ 

和太鼓といっても大太鼓、
大平太鼓、長胴太鼓、附締太鼓、桶胴太鼓など、
さまざまな種類があるんですよ〜。

今日は、長胴太鼓のご紹介です。
  
◆長胴太鼓(ながどうだいこ)
 
木の幹をくりた胴の両側に皮を張った
太鼓を長胴太鼓といいます。
  
和太鼓といえば長胴太鼓をさすほど
馴染み深い太鼓です。
  
長胴太鼓と同じ形状の太鼓が、
日本へ伝わり、普及したのは
江戸時代といわれています。
  
ケヤキで作った太鼓が最も良い音を奏でますよ〜♪
 
◆写真は、1尺5寸長胴太鼓(胴/ケヤキ)です。

太鼓の種類その1 長胴2

太鼓の種類長胴1

是非、叩きに来てくださいね〜♫

E7B8F5F4-A7FC-4AAE-89CD-718FD88B346C.jpeg

浅野響葉

  

ところで【3尺大太鼓】ってどんな音?

「大太鼓」豆知識〜その3〜です❗️ 
   
今日は、大太鼓の音を聞いてくださいね〜。
「太鼓が大きくなるにつれて、音も大きくなるんだろうな〜?」でも、
「どんな音かな〜❓」
   
   
今日は、「3尺の大太鼓」
の音を聞いてくださいね。
叩く場所により、音が違うんですよ。
      
      
皆さんに打ちこんでいただいて、
いい音になってきてます⭐️
     
    
【とにかく打ちこんで皮をなじませます】
        
新しい太鼓は、
皮を十分に強く張ってあるんです。
   
なので、膜(皮)の音の高さと、
胴の共鳴の高さを合わせて、
      
ちゃんと響かせるために、
とにかく打ちこんで、
皮をなじませるんですよ。
 
浅野響葉
 

  
 
165A89AC-CA76-43E9-836B-66787805DD7F.jpeg
   

************************************************
和太鼓講座ご案内はこちら↓↓↓/太鼓の里 響和館へ
https://www.asano.jp/kyouwakan/